但馬

  • 印刷
「高校生ビジネス・グランプリ」でベスト100に選ばれた生徒たち=香住高
拡大
「高校生ビジネス・グランプリ」でベスト100に選ばれた生徒たち=香住高

 地域活性化や社会的課題の解決を目指す「第7回高校生ビジネスプラン・グランプリ」で、香住高校(兵庫県香美町香住区矢田)海洋科学科3年生の但馬産ホタルイカを使ったドライカレーを商品化する事業案が、同校で初めて「ベスト100」に選出された。県内から選ばれた5校のうち但馬で唯一。「地元の海産物に着目し、地域の知恵をうまく活用している」などと評価された。(金海隆至)

 次代の起業家を育成しようと日本政策金融公庫が2013年度から開催。本年度は全国から3808件(409校)のプランが寄せられた。

 同高は第2回から連続で応募。但馬産ホタルイカを食材にした商品開発には昨年度から取り組むが、鮮度低下が早く、保存食に不向きとされるホタルイカをどう加工するかが課題だったという。

 本年度は3年生6人が挑んだ。調達先の浜坂漁協(新温泉町)や県但馬水産事務所の職員らの協力も得て、昨年5月、ドライカレーのもととしてレトルトパックに詰める商品を考案。米と一緒に炊飯器で炊くと出来上がるが、微妙な水加減や味付けに悩みながら、試作を重ねて完成させた。

 商品名は「日本海ほたるいかドライカレー」とした。観光客向けの食事や土産品として販売する事業案は、顧客層の想定や、5年での黒字化を見通した収支計画も含めて「バランスが良い」と評価された。

 小田中洸樹さん(18)は「独特の風味やうま味を消さずに引き立てるのが難しかった。皆で必要な調味料を足して、ようやく納得のいく味に仕上がった」と話す。新温泉町出身の北村春樹さん(18)は「生まれ育った地域の特産を使ってベスト100に入ることができてうれしい」と笑みを浮かべた。

但馬の最新
もっと見る

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ