但馬

  • 印刷
絶叫大会でカニへの感謝や思いの丈を叫ぶ参加者=豊岡市城崎町湯島
拡大
絶叫大会でカニへの感謝や思いの丈を叫ぶ参加者=豊岡市城崎町湯島

 兵庫県豊岡市城崎町湯島のJR城崎温泉駅前で23日、イベント「第38回城崎温泉かに王国開国式」が開かれた。恒例の絶叫大会には京阪神などから訪れた温泉客約50人が参加し、カニへの感謝や日頃の思いを叫んだ。

 城崎温泉観光協会が毎年開催。「6代目国王」を務める同協会会長の高宮浩之さんが「開湯1300年の歴史と文学、いで湯のまちであるわが国への入国者は全て国賓として敬う」と宣言した。

 賞品のマツバガニを懸けて大声やユーモアを競う絶叫大会は「かにさんありがとう」に続いて自由に一言叫ぶルール。参加者は「城崎のカニは最高」「食べる時は爪の間に身が入りがち」などのほか、「ラグビーワールドカップ感動をありがとう」と今年の出来事を叫ぶ声もあった。

 110デシベルで1位に輝いた広島市の会社員塩形一男さん(55)は「毎日大きな声で笑っているおかげ」と喜んだ。(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ