但馬

  • 印刷
起工式に集まった関係者を前にあいさつする井戸敏三知事=豊岡市山王町
拡大
起工式に集まった関係者を前にあいさつする井戸敏三知事=豊岡市山王町
2021年にオープン予定の国際観光芸術専門職大学のパース図。右が学舎、左が学生寮
拡大
2021年にオープン予定の国際観光芸術専門職大学のパース図。右が学舎、左が学生寮

 兵庫県豊岡市山王町に2021年春に開学を予定している国際観光芸術専門職大学(仮称)の学舎建設予定地で30日、安全祈願祭と起工式が行われ、県や市、工事関係者ら約100人が集まった。式典に出席した学長候補の劇作家平田オリザさんは「世界に誇れる、憧れを持ってもらえるような大学に育てたい。市民にも開かれた大学にしたい」と延べた。(石川 翠)

 1学年80人の四年制大学。演劇を取り入れたコミュニケーション能力の育成や、講義を受けて実践に移すことを繰り返す教育手法を導入する。県は今月24日に設置認可申請を文部科学省に提出し、来年8月ごろの認可を見込む。

 学舎は4階建てで、スタジオや劇場などの施設を整備。隣接して3階建ての学生寮を建設する。1年時は寮での共同生活を送るほか、全学生が海外での実習か語学研修を受けるなどの特徴がある。

 この日の起工式で井戸敏三知事は、人口が減少する中で公立大学を建設することに触れ、「これからの時代に必要とされる人材の育成として、この大学は大きな役割を果たしてくれるのではないか」とあいさつした。

 中貝宗治市長は「日本や世界中から強い目的意識を持った若者がやって来て、豊岡をおもしろい町にしてくれるだろう」と期待した。

但馬の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 0%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ