スポーツ

  • 印刷
上位対決となる東芝戦に向け、激しくぶつかり合う神戸製鋼のナエアタ(中央)ら=神戸市東灘区、神鋼灘浜グラウンド
上位対決となる東芝戦に向け、激しくぶつかり合う神戸製鋼のナエアタ(中央)ら=神戸市東灘区、神鋼灘浜グラウンド

 ラグビー・トップリーグ(TL)第6節最終日の23日、開幕5連勝の2位神戸製鋼は、4勝1敗の5位東芝と神戸市須磨区のユニバー記念競技場で対戦する。東芝は前節パナソニックとの全勝対決に敗れ「決勝のつもりで向かって来るはず」とSOカーター。神鋼もカーター、フランカーのフランクリン、CTBバックマンが2戦ぶりに復帰し、ベストの布陣で迎え撃つ。

 フィジカルを前面に出す東芝の核は、日本代表で主将を務めたナンバー8リーチ。対する神鋼のナンバー8ナエアタは「リスペクトしているけど、試合に入ればリスペクトはしない」と敵対心をむき出しにする。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ