スポーツ

  • 印刷
東海大大阪仰星-関学 前半、激しいディフェンスで相手の攻撃を食い止める関学フィフティーン
東海大大阪仰星-関学 前半、激しいディフェンスで相手の攻撃を食い止める関学フィフティーン

 ラグビーの近畿高校大会第2日は16日、京都府宇治市の山城総合運動公園陸上競技場などで準々決勝4試合があり、兵庫の関学は7-34で東海大大阪仰星に逆転負けし、全国高校選抜大会の第5代表決定トーナメントに回った。

 泥だらけのユニホームが奮闘ぶりを物語ったが、全国切符は時間の経過とともに遠ざかった。関学は後半、立て続けにトライを許し、安藤監督は「フィジカルもゲームメークも、場面場面で足りなかった」と力の差を認めた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ