スポーツ

  • 印刷
動画一覧へ
INAC神戸の一員となり、今季の飛躍を誓う田中美南=大阪市中央区
拡大
INAC神戸の一員となり、今季の飛躍を誓う田中美南=大阪市中央区
今季の飛躍を誓うINAC神戸のゲルト・エンゲルス新監督(後列中央)や、田中美南(前列中央)ら新加入選手=大阪市中央区
拡大
今季の飛躍を誓うINAC神戸のゲルト・エンゲルス新監督(後列中央)や、田中美南(前列中央)ら新加入選手=大阪市中央区

 サッカー女子プレナスなでしこリーグのINAC神戸は27日、大阪市内で新体制発表会見を開いた。ゲルト・エンゲルス新監督が、日テレから移籍した日本代表FW田中美南ら新加入選手とともに出席し、「積極的なサッカーでタイトルを取りたい」と4季ぶりの覇権奪回を見据えた。

 4季連続リーグ得点王の田中は、5連覇中の日テレからライバルのINAC神戸に電撃移籍し、注目を集めた。環境を変えた最大の理由は、半年後の東京五輪で活躍するため。会見では決断に至った心境を明かした。

 昨季はリーグ20得点の結果にも「代表で思っていることができていない」と苦悩した。下部組織から13年在籍した日テレでは「自分のプレーが決まっていて、味方もどんなプレーをするか分かっていた」といい、「そのまま五輪代表に選ばれても、自分ができるプレーが想像できた」。殻を破るべく、新天地を求めた。

 背番号は9。生え抜きのFW増矢理花から譲り受け「ずっと着けてきた番号。9番を背負って結果を出すことに意味がある」と力を込める。25歳の点取り屋は「自分になかった引き出しを増やす。ここで得点王を取ることに意味がある」と5季連続得点王を誓った。(尾藤央一)

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 70%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ