スポーツ

  • 印刷
動画一覧へ
バッターボックスに入るイチローさん=1日午後、神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)
拡大
バッターボックスに入るイチローさん=1日午後、神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)
「神戸」「CHIBEN」の文字が入ったユニフォームを着て、現役時代と何ら変わらない投球フォームで剛速球を投げ込むイチロー「投手」。草野球デビュー戦でも容赦ない完封劇を演じた=ほっともっとフィールド神戸(6枚の連続写真を合成)
拡大
「神戸」「CHIBEN」の文字が入ったユニフォームを着て、現役時代と何ら変わらない投球フォームで剛速球を投げ込むイチロー「投手」。草野球デビュー戦でも容赦ない完封劇を演じた=ほっともっとフィールド神戸(6枚の連続写真を合成)
観客に手を振るイチローさん=1日午前、神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)
拡大
観客に手を振るイチローさん=1日午前、神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)
観客に手を振るイチローさん=1日午前、神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)
拡大
観客に手を振るイチローさん=1日午前、神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)
バットを持ってグラウンドに立つイチローさん=1日午後、神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)
拡大
バットを持ってグラウンドに立つイチローさん=1日午後、神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・斎藤雅志)

 米大リーグで活躍し、今年3月に現役引退したイチローさん(46)の率いる草野球チームが1日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で智弁和歌山高の教職員チームと記念試合に臨んだ。イチローさんは先発投手を務めるなど、プロ野球オリックス時代から慣れ親しんだ思い出の地で“草野球デビュー”を果たした。

 イチローさんが昨秋の近畿大会を観戦し、智弁和歌山高の熱心な応援に感動したことがきっかけ。その後、同高を訪問したり、イチローさんの自主トレーニングをブラスバンドで応援したりするなど交流が深まり、草野球対決が決まった。

 この日、イチローさんが友人らと結成した草野球チーム「KOBE CHIBEN(神戸智弁)」と同高教職員チームが対戦。多くの同高OBらがスタンドで見守り、ブラスバンドやチアが応援する中、イチローさんは白地に「CHIBEN」と書かれたユニホームで登場。背番号1を付けてマウンドに上がり、先頭打者から剛速球で空振り三振を奪うと大歓声を浴びた。

 教職員チームの監督を務めた同高の藤田清司理事長校長(65)は「イチローさんは『夢がかなった』と言ってくれた。うれしい思いでいっぱい」と話していた。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 70%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 70%

  • 14℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ