スポーツ

  • 印刷
高野連の投球数制限を批判した桑田氏=三木市
拡大
高野連の投球数制限を批判した桑田氏=三木市
高野連の投球数制限を批判した桑田氏(右から2人目)=三木市
拡大
高野連の投球数制限を批判した桑田氏(右から2人目)=三木市

 日本高野連が来春から「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限の実施を決めたことについて、元巨人の桑田真澄氏は30日、「何の意味もない。なぜもっと思い切ってやらないのか理解できない」と痛烈に批判した。

 同日、三木市であった「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の硬式野球競技リハーサル大会に監督として出場した後、報道陣の質問に答えた。

 桑田氏は「1週間に500球といっても誰が調べるのか」と、1試合ごとではない方法の実効性を疑問視。米大リーグのパイレーツでプレーした経験を踏まえ、「米国はエビデンス(根拠)に基づいた球数制限で子どもから大人までを守っている。いつまでもお涙ちょうだいのドラマでは、子どもは守れない」と力を込めた。(森 信弘)

スポーツの最新