総合 総合 sougou

  • 印刷
喜楽館(資料写真)
拡大
喜楽館(資料写真)

 上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」(神戸市兵庫区)は、5月末までとしていた休館を7月5日まで延長すると発表した。(金井恒幸)

 運営協力する上方落語協会(大阪市)が6月末まで主催公演を中止したことや、新型コロナウイルス感染防止のため座席数を変更した場合、採算性が取れるかなどを慎重に見極めたいのが主な理由。同館は「7月11日は開館2周年なので、状況が許せばそれまでには再開したい」とする。

 同館は3月3日から昼席公演を中止しており、約4カ月間ほぼ収入がなくなる。「維持管理費などで財政が切迫している」とし、新たな寄付制度「喜楽館タニマチ」を始めた。1万円で100枚のタニマチ名刺がもらえ、1枚あれば持ち主を含む5人まで昼席公演(当日2800円)が2千円に割り引きされる。詳細は新開地まちづくりNPO・TEL078・576・1218

総合の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ