総合 総合 sougou

  • 印刷
谷口進一氏
拡大
谷口進一氏

 任期満了に伴い、11月8日に告示、同15日に投開票される兵庫県丹波市長選に、現職の谷口進一氏(67)が再選を目指して立候補する意向を固めたことが26日、分かった。既に一部の支援者には伝えており、近く正式に表明する見通し。

 神戸新聞社の取材に、谷口氏は「1期4年間は短く、政策は完結していない。やり遂げるため、立候補を前向きに考えている」と述べた。旧氷上郡6町の均衡ある発展に向け、都市部から人を呼び込む道の駅や、博物館の整備などに意欲を示した。

 谷口氏は丹波市柏原町出身。神戸大法学部を卒業後、兵庫県庁に入り、但馬県民局長や農政環境部長を歴任。県の第三セクター「夢舞台」(淡路市)の社長や会長を務め、2016年の丹波市長選で初当選した。

 同市長選で立候補の意向が明らかになるのは初めて。市議の間で立候補に向けた動きがある。(藤森恵一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ