総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 新型コロナウイルス感染の「第2波」に備え、神戸大学は25日、兵庫県と連携して県内2千人の抗体検査を始めたと明らかにした。感染で体内にできるタンパク質(抗体)の有無で感染歴が分かるといい、既に検査を終えた兵庫県立加古川医療センター(加古川市)では、医療従事者509人全てが陰性で感染者はいなかった。同大学は「適切な予防をすれば患者からの感染は防げる」としている。

 神戸大学によると、医療従事者の感染の広がりを調べるため、5月上旬に加古川医療センターで抗体検査を実施。医師77人や看護師310人など509人(男性88人、女性421人)の全てが陰性だった。一方、同センターに入院したコロナ患者のうち10人の検査では全員が陽性となり感染が確認できたという。

 検査は北播磨総合医療センター(同県小野市)でも行われ、今後、同県立姫路循環器病センター(姫路市)でも計画されている。

 抗体検査を巡っては、神戸市立医療センター中央市民病院が2日、外来患者千人の検査で3・3%が陽性だったと発表。25日に会見した神戸大学感染症センター長の森康子教授は「予想外の良い結果。加古川医療センターの職員も数%は陽性が出ると予想していた。市中での感染は思ったより広がっていない」と話す。(霍見真一郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ