総合 総合 sougou

  • 印刷
慰霊碑に手を合わせる宗和三与子さん=17日午後2時52分、淡路市小倉、北淡震災記念公園
拡大
慰霊碑に手を合わせる宗和三与子さん=17日午後2時52分、淡路市小倉、北淡震災記念公園

 「25年、本当に早かったなあ」。母の大崎みのるさん=当時(85)=を亡くした宗和三与子さん(83)=兵庫県淡路市富島=は、同市にある北淡震災記念公園の慰霊碑に語りかけた。

 あの日、ドーンという衝撃で目覚めた。倒れた柱の間から2階にあるはずの窓が見える。必死にはい出て、歩いて数分の実家へ急いだ。ぺしゃんこになった家の隙間から運び出された母は、既に息絶えていた。

 いつも笑顔で、7人の子どもを育て上げた。船大工だった父が病に倒れてから1994年9月に亡くなるまで8年間は、介護の日々。震災までの約4カ月は寂しい半面、ゆったり過ごせた時間だった。「ぜいたくはしない人だったけど、ブドウやビワに目がなくって。持って行ったら喜んでました」

 東日本大震災など、相次ぐ災害に心が痛む。そして、あの日を思い出す。揺れの怖さ、避難所や仮設住宅での暮らし。いくら時間がたっても記憶が薄れることはない。

 一方で、震災を知らない世代が増えていくことも気に掛かる。「つらい体験をした自分だから話せることがある。若い人たちに伝えていきたい」(吉田みなみ)

総合の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 9℃
  • 2℃
  • 40%

  • 6℃
  • 0℃
  • 90%

  • 9℃
  • 3℃
  • 30%

  • 8℃
  • 1℃
  • 50%

お知らせ