総合 総合 sougou

  • 印刷
調査報告書を折出健二委員長(中央)から受け取る長田淳教育長(左)=11日午前、神戸市役所(撮影・鈴木雅之)
拡大
調査報告書を折出健二委員長(中央)から受け取る長田淳教育長(左)=11日午前、神戸市役所(撮影・鈴木雅之)
市立六甲アイランド高校に登校する生徒ら=11日朝、神戸市東灘区向洋町中4
拡大
市立六甲アイランド高校に登校する生徒ら=11日朝、神戸市東灘区向洋町中4
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市東灘区の市立六甲アイランド高校で2017年12月、当時1年の男子生徒(18)が長時間の別室指導後に校舎から飛び降りて一時重体になった問題で、原因究明に当たる調査委員会は11日、教員による一方的な別室指導が生徒に自殺を決意させたとする報告書を公表した。会見で調査委の折出健二委員長(愛知教育大名誉教授)は、同校の生徒指導について「威圧的、権力的な指導が背景にあり、人権上問題がある別室指導も常態化していた」と指摘した。

 生徒はツイッター上で問題行動を起こしたなどとして同月21、22日の2日間で計約16時間にわたり、聞き取りや説諭、反省文を書かせるなどの別室指導を受けた後に校舎5階から飛び降りた。その後に転校し、後遺症で松葉づえを使っているほか、嗅覚も失われた。

 生徒側は、別室指導の際に弁解の機会がないまま教員に「退学や」と言い渡されたなどと主張。報告書では「(退学には結び付かない)年次指導で終わらない」と教員が繰り返し発言したとし、生徒が「退学になるかもしれないと受け止め、自死を決意するほどの精神状態に追い込まれた」と結論付けた。

 さらに、長時間隔離して指導を行ったことについて「事実確認より、自分の行為を認めるよう強要している」「個人の尊厳を脅かし、指導目的を超えた一種のハラスメントと解釈できる」などと批判。「一方的な追及ではなく、事実関係を見詰めさせることこそ優れた指導力」と改善を求め、市教育委員会にも学校現場への助言を促した。また、別室指導に当たっては時間や日数を必要最小限にし、原則事前に管理職に承認を得るよう提言した。

 調査委は市教委に置かれたが、独立性を維持するため権限を市長部局に委任し、今年7月から学校関係者らへの聞き取りを進めてきた。

 折出委員長から報告書を受け取った長田淳教育長は「重体になった生徒とご家族に深くおわび申し上げる」と謝罪し、「生徒指導によって生徒が傷つくことのないよう、真摯に再発防止に取り組む」と述べた。(佐藤健介、井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 70%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 70%

  • 14℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ