総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県姫路市立小学校に勤める50代の男性教員が、自分をとがめた男子児童に立腹し、暴力行為に及んでいたことが9日、分かった。男児は首などにけがを負い、精神的ショックなどで登校できなくなったという。

 児童が通う小学校によると、男性教員は新人教員を指導する「初任者指導」の担当者として各小学校を巡回。11月29日に3年生の道徳の授業に立ち会った際、姿勢を正すため女子児童に触れたのを、男子児童から「嫌がってるやん」ととがめられたことに立腹。廊下に連れ出し、両手で顔を挟んで正面を向かせるなどしたという。男児は頸椎のねんざや肩の打撲を負った。

 学校は12月2日に保護者からの連絡で把握。6日に全校集会を開き、男性教員が、全学年の児童や出席を希望した保護者らに謝罪した。「児童の言葉に対し感情的になった」と反省しているという。

 同校は12日にも男性教員の同席で保護者説明会を開く予定。校長は「いかなる理由があっても、児童にけがをさせたことは弁明の余地がない」と謝罪。教員が勤める学校の校長は「指導が行き届かずおわびしたい。現在は初任者指導を行わせず、職員室内で勤務させている」と説明した。(井沢泰斗、小川 晶)

総合の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 70%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 70%

  • 14℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ