西播

  • 印刷
トピー工房が作ったメッシュやニット素材のマスク=相生市竜泉町
拡大
トピー工房が作ったメッシュやニット素材のマスク=相生市竜泉町

 兵庫県相生市竜泉町の帽子製造業「To.Pi(トピー)工房」が布マスク作りに乗り出している。帽子作りの技術を生かし、ニットやメッシュ生地で1日200枚を生産する。国道2号沿いの本社や道の駅あいおい白龍城(ペーロンじょう)(同市那波南本町)、ネット上で販売している。

 トピー工房は1994年創業。相手先ブランドによる生産(OEM)のほか、複数の自社ブランドでハットやベレー帽、ハンチング、ニット帽などを手掛け、東京と神戸で直営店「帽子工房イフティアート」を運営する。新型コロナウイルスの影響で販売が落ち込む中、「新しい生活様式」でマスク着用が基本的な感染対策とされたこともあり、商品展開に加えた。

 抗菌防臭機能がある綿糸で編んだニットマスクや、メッシュ構造のポリエステルで作った速乾性のあるマスクを白、黒、ベージュなどでそろえた。帽子のつば先に使うワイヤを用いることで鼻にフィットするよう、着け心地にもこだわった。

 いずれも1650円で、洗って繰り返し使うことができる。本社に設けた直売所では、地域貢献のため1000円で販売している。

 売り上げは好調で、同社の金川将宏さん(32)は「大きな利益が出る価格設定ではないが、従業員の雇用を守ることができている」と話す。相生市はふるさと納税の返礼品に同社のマスクを採用した。金川さんは「地元で作ったマスクを手に取ってみてほしい」としている。トピー工房TEL0791・23・1481

(伊藤大介)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

西播の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ