西播

  • 印刷
献血に協力する市民ら=たつの市龍野町富永
拡大
献血に協力する市民ら=たつの市龍野町富永

 新型コロナウイルスの影響で輸血用血液の不足が懸念される中、龍野ライオンズクラブが毎年主催している献血イベントが14日、兵庫県たつの市龍野町富永の中川原公園であった。県赤十字血液センター姫路事業所が、献血バス2台と医師や看護師ら約20人を派遣した。

 会場には朝から夕方にかけてマスク姿の市職員や会社員、主婦ら170人以上が訪れ、体温測定や手の消毒をしてから採血に臨んだ。400ミリリットルを献血した女性(54)は「外出自粛の影響で献血者が減っていると聞き心配だった。少しでも役に立てればうれしい」と笑顔を見せた。

 同センターによると、県内の会社や大学を会場にした献血バスの派遣は3月から中止や延期が相次いでいる。姫路事業所の早川弘二係長は「積極的に場を提供していただきありがたい」と感謝した。(地道優樹)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

西播の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ