西播

  • 印刷
振り込まれた特別定額給付金を引き出す宍粟市の男性=宍粟市役所
拡大
振り込まれた特別定額給付金を引き出す宍粟市の男性=宍粟市役所
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金の振り込みが12日、兵庫県宍粟市と同県たつの市で始まった。いずれもオンライン申請を済ませた人が対象。郵便申請の書類発送はともに今月20日以降を予定し、給付開始は宍粟市が同26日、たつの市が6月上旬を見込んでいる。(古根川淳也)

 宍粟市では7日にオンライン申請の受け付けを開始し、同日中に手続きした48件152人分が指定の口座に振り込まれた。

 3日付の本紙西播版「新型コロナ 私も一言」欄に早期給付を求める声を寄せた同市の男性(41)も、妻の分と合わせて20万円を引き出した。勤めている工場はコロナの影響で生産停止が続き、5月は収入の見込みがない。妻は心臓を患って入院しているという。

 申請に必要なマイナンバーカードを所持しており、市役所のパソコンを借りて手続きした。当初見込みより早く給付金を受け取れたことに「市が急いでくれて助かった」と感謝する。一方、今後について「コロナがいつ終息するか誰も分からない。この先も安心して生活できる仕組みを作ってほしい」と訴えた。

 同市によると、オンライン申請では最後の画面でパスワードが求められ、分からない人からの相談電話が相次いでいるという。不明の場合、市役所で暗証番号を再設定できる。またマイナンバーカードの新規発行には2カ月ほどかかり、郵便申請の方が早く受け取れる。西播磨でオンライン申請の受け付けが始まっていないのは神河町と佐用町で、それぞれ14日、15日の開始を予定している。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

西播の最新
もっと見る

天気(7月1日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

  • 30℃
  • 22℃
  • 60%

  • 29℃
  • 24℃
  • 50%

  • 29℃
  • 23℃
  • 60%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ