西播

  • 印刷

 兵庫県佐用町は1日、2018年度に担当していた地籍調査事業の一部を今年2月まで放置していたとして、建設課の男性主査(34)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 町によると、男性主査は18年度に約千筆の地籍調査事業を担当していた。地権者の立ち会いの下、委託先の事業者と共に境界の決定や測量をする必要があるが、うち300筆の立ち会いを放置。最終確認のための閲覧用地図には、架空の調査結果を反映させていた。業者には翌年度に実施するよう促していたという。

 町は担当室長を厳重注意、課長を口頭注意の処分とした。(勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ