西播

  • 印刷
文化庁の文化財調査官から選定書が伝達された記念式典=たつの市龍野町大手
文化庁の文化財調査官から選定書が伝達された記念式典=たつの市龍野町大手

 城下町の名残を色濃く残す兵庫県たつの市龍野地区が昨年12月、国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)に決まり、選定を祝う式典が8日、地区内の本行寺であった。地元住民ら約300人が参加。吉報が届くまでに要した40年近い歳月を振り返り、喜びを分かち合うと同時に、さらなる魅力発信へ決意を新たにした。

 同地区には江戸時代-昭和初期に建てられた古い町家が数多く残り、醤油醸造で発展したまちの姿をとどめる。旧龍野市時代の1980年代に市主導で選定を目指したが、住民の合意が得られずに断念するなど紆余曲折もあった。

西播の最新