西播

  • 印刷

 兵庫県の宍粟観光の可能性を探るモデルツアー「夜の女子旅in宍粟」が2月8、9日に開催される。城下町・山崎の町家ホテルに宿泊し、商店街を散策して人気の肉屋のコロッケを味わうなど、新しい形の旅を試行。1月29日には観光関係者によるシンポジウムもある。

 酒蔵や町家を生かしたホテル、レストランの開業が相次ぎ、観光地として注目され始めた宍粟市の山崎地区で、住民しか知らない魅力を観光に生かそうと、しそう森林王国観光協会が企画した。夕食は居酒屋で宍粟牛などを食べ、日本酒バーでの女子会、町家カフェでの朝食などもある。

 女性限定で参加費8500円。定員18人。JR神戸駅、姫路駅からバスで送迎する。申し込みは神戸新聞旅行社TEL078・362・7174

 シンポジウムは午後2時~3時半、同市山崎町上比地の県立国見の森公園で。JTBから出向している宍粟メイプル社の今江史彦部長が講演。市や商工会の観光担当者も登壇し、宍粟の魅力を語る。宍粟産サーモンを使ったすしなどの試食もある。26日までに同協会TEL0790・64・0923

(古根川淳也)

西播の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 4℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ