西播

  • 印刷
女性が倒れていた場所を示す(後列左から時計回りに)是信風愛さん、高本玲桜君、田中蓮太君、田中結音さん、高本紗彩さん=赤穂市西有年
拡大
女性が倒れていた場所を示す(後列左から時計回りに)是信風愛さん、高本玲桜君、田中蓮太君、田中結音さん、高本紗彩さん=赤穂市西有年

 兵庫県赤穂市西有年の住宅街、はりま台で24日、1人暮らしの91歳の女性が自宅の庭で倒れ、助けを呼んでいるのに下校中の有年小学校児童が気付き、大人に助けを求めた。児童5人が救助や救急車の誘導を手伝い、女性は打撲傷で済んだ。女性は「子どもたちのおかげ」と感謝している。

 24日午前11時40分ごろ、終業式を終えて帰宅中、か細い「助けて」という声に6年高本玲桜君(11)と5年田中蓮太君(11)が気付いた。庭で前のめりに頭から倒れた女性を発見。高本君の妹の2年紗彩さん(8)、田中君の妹の1年結音さん(7)と駆け寄り、その後、5年是信風愛さん(11)も加わった。

 近くの公園で清掃作業をしていた自治会役員らに助けを求めた。役員らが女性を助け、救急車を呼ぶ間、児童はタオルを取りに走ったり、到着した救急車を誘導したりした。

 児童は「早く助けないとと必死だった。助かってよかった」と声をそろえた。自治会長の望月守代さん(56)は「発見が遅れればどうなっていたか。子どもたちが必死に助けようとする姿に感動した」と話していた。(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 4℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ