西播

  • 印刷
縁結びの松の隣に立つ夫妻=赤穂市御崎
拡大
縁結びの松の隣に立つ夫妻=赤穂市御崎

 兵庫県赤穂市御崎の桃井ミュージアムが、瀬戸内海を望む庭や眺望を生かした結婚式を提案している。庭には、幹が結び目のようにぐるりと回った「縁(円)結びの松」が移植されており、赤穂御崎は「恋人の聖地」に認定されている。同館は赤穂雲火焼の窯元で水琴窟の庭や赤穂緞通の展示もあり、「ホテルとは異なるアットホームな式を割安の費用で」とPRしている。

 縁結びの松は今年のバレンタインデーに、同じく「恋人の聖地」である岡山県瀬戸内市牛窓町から運ばれ、同館庭のハート形の植え込みに移植された。瀬戸内海を背景に、松の輪っかを写真のフレーム代わりにしてカップルで撮影できる。

 結婚式場に姫路や神戸の会場を選ぶカップルが増え赤穂市内の式場は激減。常時受け付けるのは同館と赤穂ロイヤルホテル(同市加里屋中洲)ぐらいという。

 同館では30人までの少人数の結婚式を提供。市社会福祉協議会の貸衣装で費用を抑えるなど12人で28万円(1人追加分1万4千円、ともに税別)からのプランを用意する。「式を挙げていない2人にも心温まる場を」と呼び掛ける。

 縁結びの松を移植後、初めての式は今月15日。奥藤酒造など同市坂越地区の婚活イベントで知り合った夫妻=相生市=は「景色の良い庭で心温まる式となり、選んで良かった。笑顔の絶えない家庭を築きたい」とほほ笑んだ。

 火曜日と27日~1月3日は休館。同館TEL0791・56・9933

(坂本 勝)

西播の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ