三田

  • 印刷
税会計を教わるブルサンの選手たち。講師は「どこが分からん?」などと声を掛けながら進めた=アメニス城山体育館
拡大
税会計を教わるブルサンの選手たち。講師は「どこが分からん?」などと声を掛けながら進めた=アメニス城山体育館

 スポーツ選手のセカンドキャリアを支援する教育機関「日本営業大学」(本部・大阪市)が大阪市と東京近郊で開校するのを前に7日、兵庫県三田市三輪のアメニス城山体育館会議室で体験講義があった。同市を拠点とする野球の関西独立リーグ球団「兵庫ブルーサンダーズ」(ブルサン)の選手25人が参加。就職に必要な営業スキルを一日、みっちりと学んだ。

 日本営業大学は、大阪市の一般社団法人「S.E.A」が4月に開校させる。スポーツ選手に社会人としてのマナーや営業の基礎を教えることで、引退後の就業定着を目指す。

 ブルサンには日本野球機構(NPB)入りの夢を追い掛ける若者が集まり、アルバイトをしながら生計を立てる。しかし、NPBに行けるのは一握り。セカンドキャリアを考えるきっかけにしてもらおうと、法人側がブルサンに提案した。

 90分の講義が4コマあり「3時間目」の講師は神戸市の税理士常行伸嘉さん(51)が務めた。高校球児の道具代や小遣いを例に簡単な決算書をつくって「税会計」の雰囲気を伝え、「決算を知ってる営業マンは成績もいい。数字で見る視点も面白いと思ってくれたらうれしい」とまとめた。

 今季1軍に昇格した芦屋大2年坂井大輝さん(20)=西宮市=は「難しかった」と苦笑しつつも「いつまで野球を続けられるか分からない。こういう勉強も大切だと思う」と話した。

(山脇未菜美)

三田の最新
もっと見る

天気(6月6日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ