三田

  • 印刷
動画一覧へ
先鋒戦で三田署員に突きを決める神戸松蔭女子学院の岡田瞳さん(左)=三田署
拡大
先鋒戦で三田署員に突きを決める神戸松蔭女子学院の岡田瞳さん(左)=三田署
三田署員と神戸松蔭女子学院大学生の対戦コメント一覧
拡大
三田署員と神戸松蔭女子学院大学生の対戦コメント一覧

 「なぎなた」「剣道」という異種競技の親善試合が23日、兵庫県警三田署が開く新年恒例の「術科始め式」であった。昨年の全日本学生選手権団体戦で頂点に立った神戸松蔭女子学院大学(神戸市)なぎなた部が、三田署員5人に挑戦。切れのある動きで剣道にはない「すね」などを攻めたてて署員らをたじろがせ、2ー1で勝って来賓らを沸かせた。

 1968年に創部した同部は10回を超える全国優勝を果たした強豪。試合は署員の発案で実現し、市長や教育長、商工会長、防犯協会長ら16人が見入った。

 先鋒の岡田瞳さん(20)が遠間から突き、すねで2本を先取して勝つと、次鋒の垣内莉菜さん(19)も攻め続けて引き分けた。署員も中堅戦になると松本隆貴巡査長(29)が間合いを一気に詰める連続攻撃で勝利。大将戦で諏訪原大介巡査部長(34)は開始早々のすね打ちで先取されるも、豪快に面を打ち返して警察官としての意地を見せた。

 神戸松蔭の中堅高田彩さん(21)は「スピードと圧力がすごくて勉強になった」。諏訪原巡査部長は「とても強かった。犯人が鉄パイプやナイフを持つ現場もあるので、もっと鍛錬します」と話した。この日は、柔道の形や柔道、逮捕術の紅白戦もあった。(門田晋一)

三田の最新
もっと見る

天気(2月19日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 10℃
  • 0℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ