三木

  • 印刷
オリジナル曲のCDを発表した大塚弥生さん=三木市役所
拡大
オリジナル曲のCDを発表した大塚弥生さん=三木市役所

 兵庫県三木市の歌手、大塚弥生さん(64)が、自身初となるCDを発表した。雄大な自然の情景を伝えるバラード曲「彼方(かなた)」を収録。「何歳になっても挑戦し続ける大切さを伝えたい」と幅広い層に曲が親しまれることを願っている。(大橋凜太郎)

 神戸市兵庫区出身の大塚さんは、幼い頃から歌に親しんだ。歌手活動の根底にあるのは、音楽の授業で独唱した際に周囲が静まりかえった経験。「人さまに聴いてもらう喜びを知った」という。以降はフォークソングに夢中になり、学生時代はバンドに力を入れた。

 結婚を機に三木市に移り、子育て中は音楽から遠ざかった。歌を諦めきれず、知人の紹介でシンガー・ソングライター中村つよしさんに師事。2007年から歌手として活動を始めた。大阪や神戸のライブハウスを中心に歌声を響かせてきたが、17年からは「住んでいる地域への感謝を歌で表現したい」と地元で定期的にコンサートを開く。

 「彼方」は中村さんの作詞・作曲。19年1月に大塚さんのオリジナル曲として発表しては、と打診された。広い声域が求められる難曲だが、歌詞への理解を深め、曲の世界観を伝えるためにおおらかな発声を心掛けた。

 昨年4月のコンサートで初めて披露。CD化に向けてさらに表現を磨き、3月に収録を終えた。出来上がったパッケージは歌詞のイメージ通りで「夢のようだった」と振り返る。

 歌う意味が見いだせず悩んだ時期もあったが、今は初心の「人に聴いてもらう喜び」をかみしめてステージに立つ。地元の応援にも背中を押されているといい「『あの人が頑張っているから、自分も頑張ろう』と思ってもらえたらうれしい」と話している。CDの価格は未定。コンサートなどでの販売を予定している。

三木の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ