三木

  • 印刷
入り口に設けた臨時カウンターで貸し出しの準備をする職員=三木市福井、中央図書館
拡大
入り口に設けた臨時カウンターで貸し出しの準備をする職員=三木市福井、中央図書館

 兵庫県三木市は、新型コロナウイルス感染症対策で閉館中の図書館について制限を一部緩和し、11日から予約本の貸し出しを再開する。感染予防のために、予約した本の受け取りは事前に日時を調整し、図書館窓口での密集を防ぐという。

 三木市では感染拡大防止のため、市内公共施設を休館に。市内図書館も同様に閉鎖し、本の貸し出しと返却も休止になっていた。

 緩和の対象となるのは中央図書館と吉川図書館で、期間は31日までを想定。希望者はインターネットか電話、ファクスで予約し、図書館側と調整した日時に同館入り口の臨時カウンターで受け取る。返却は別の本を借りる際に持参するか、返却ポストに返すという。

 中央図書館入り口には透明のビニールシートが貼られ、机や「間隔を開けてください」などと注意喚起する掲示物が用意された。伊藤真紀館長は「安全に貸し出すためにも事前に連絡してから来てほしい」と呼び掛けた。中央図書館TEL0794・83・1313

(篠原拓真)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ