三木

  • 印刷
協定書を交わした三木市の仲田一彦市長(左)と大塚製薬の藤原康宏大阪支店長=三木市役所
協定書を交わした三木市の仲田一彦市長(左)と大塚製薬の藤原康宏大阪支店長=三木市役所

 兵庫県三木市は14日、製薬大手の大塚製薬(本社・東京)と、市民の健康づくりを目指す連携協定を結んだ。同市は災害時の物資供給などで各社と手を結んできたが、健康をテーマとする協定は初めて。同社との協定は県内8市目で、北播磨では加東市に次いで2市目。

 協定内容は、健康維持・増進▽スポーツ振興▽食育▽防災・減災対策-など。高齢者が集まる施設や小中学校で、元Jリーガーの社員らを講師に迎え、熱中症予防や食育などに関するセミナー、イベントの開催を検討する。災害時に停電しても、飲料や栄養食品を手動で取り出せる自動販売機も設置できるという。

三木の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ