三木

  • 印刷
高級酒を味わうなど多くの人でにぎわった前回の山田錦まつり=2019年3月、三木市吉川町吉安
拡大
高級酒を味わうなど多くの人でにぎわった前回の山田錦まつり=2019年3月、三木市吉川町吉安

 兵庫県三木市の特産山田錦で造った日本酒をPRする「第25回山田錦まつり」が3月14、15日、三木市吉川町吉安、山田錦の館と吉川温泉よかたん駐車場で開かれる。灘五郷を中心とする酒造メーカー11社や吉川町山田錦村米部会などが出店。酒の飲み比べをはじめ、多様なイベントを楽しめる。(井川朋宏)

 生産農家や同市、JAみのりなどでつくる実行委員会が、1996年から毎年開催。昨年は2日間で約9千人が訪れた。

 11社は、沢の鶴▽日本盛▽櫻正宗▽剣菱▽菊姫▽大関▽白鶴▽白鷹▽菊正宗▽白雪▽白鹿。高級酒が無料で試飲できるほか、ぶり大根やかす汁、甘酒などが並ぶ。14日午後1時には沢の鶴、15日午前10時20分に大関のたる酒が振る舞われる。両日午後には各メーカーによるPRタイムも。15日午前11時半からは酒だるに菰を巻く実演がある。

 14日は「吉川錦太鼓」、15日は「三木太鼓」がオープニングで和太鼓を演奏。14日午前11時ごろからは、トランポリンやダンス、和太鼓の市内外5団体が出演する。

 各日午後3時半からは恒例で、約4千個の餅まきがある。両日とも随時、村米部会が餅つきを披露し、つきたての餅を配る。地元の団体によるブースでは、ラーメンや豚汁、ぜんざい、おでんといった飲食や特産品を扱う。輪投げやスーパーボールすくいなど子ども向け縁日コーナーもある。

 両日とも午前10時~午後4時。会場との往復は、朝日ケ丘(神戸電鉄緑が丘駅、恵比須駅経由)▽細川町公民館▽JR新三田駅-を発着する無料シャトルバスがある。吉川地域の4ルートを走る「よかたんバス」も無料運行する。

 実行委事務局(市吉川支所地域振興課)TEL0794・72・0180

三木の最新
もっと見る

天気(4月4日)

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 21℃
  • 4℃
  • 50%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 21℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ