三木

  • 印刷
英国の料理が並んだ給食=平田小学校
拡大
英国の料理が並んだ給食=平田小学校

 24日から始まった全国学校給食週間に合わせ、兵庫県三木市立の幼稚園と小中学校、特別支援学校は、給食の献立に海外の料理を取り入れている。

 栄養教諭や保護者らでつくる市学校給食献立検討委員会が、毎年テーマを決めてメニューを考案。今年は「食でオリンピック2020」と題し、これまでの五輪開催国ブラジル、中国、スペイン、韓国の代表的な料理を出すことになった。

 同市平田の平田小学校では27日、子どもたちが英国料理を味わった。白身魚のフライにポテトを添えた「フィッシュアンドチップス」や、平たくつぶした押し麦と野菜を煮込んだスープ「スコッチブロス」などが並んだ。

 これに合わせ校内放送では、12年のロンドン五輪を紹介。日本より面積が小さく農業人口も少ないが、食料自給率は高いという同国の特色も伝えた。

 6年生の女児は「いろんな国のメニューが出てくるので、それぞれの国のことが気になってきた」と興味を示していた。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ