三木

  • 印刷
三木署の大木盛生署長(右)から感謝状を受け取る岡村拓哉さん=三木署
拡大
三木署の大木盛生署長(右)から感謝状を受け取る岡村拓哉さん=三木署

 コンビニで特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、兵庫県警三木署は24日、セブン-イレブン三木中自由が丘店に署長感謝状を贈った。

 三木市内では2019年に13件の特殊詐欺被害が発生。被害総額は約1360万円に上り、他にも不審電話の相談が46件あった。

 市内に住む70代の男性が昨年12月10日、同店を訪れて電子マネーの購入方法を質問。男性の電子マネーへの理解が浅く、購入しようとしたのが6万円分と高額だったため、対応したアルバイト店員が同店の一条俊弥店長らと連携して声掛けを行った。

 男性とのやりとりから特殊詐欺の疑いが強まったため同署に通報。パソコンの修復名目の架空請求であることが分かった。

 特殊詐欺の被害が発生したというニュースが頻繁に報じられることから、同店では従業員に防犯への意識付けを行っている。電話を掛けながら利用する客には、注意を払って接客するなどしているという。

 店長に代わって感謝状を受け取った同店勤務の岡村拓哉さん(26)=宝塚市=は「防犯の最後のとりでとして、地域に信頼される店にしていきたい」と話していた。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(5月29日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ