三木

  • 印刷
金物問屋に関する写真や古文書が並ぶ企画展「三木金物産業史と黒田清右衛門家」=みき歴史資料館
金物問屋に関する写真や古文書が並ぶ企画展「三木金物産業史と黒田清右衛門家」=みき歴史資料館

 兵庫県三木市最古の金物問屋「黒田清右衛門商店」(同市本町2)の足跡から、「金物のまち」の歴史をひもとく企画展が、同市上の丸町、みき歴史資料館で開かれている。同商店を紹介するパネルのほか、貴重な古文書や写真など約120点が並ぶ。12月22日まで(月曜休み)。(大橋凜太郎)

 江戸時代中期の1765年に創業。当時は流通・販売を手掛ける卸問屋と金物職人との分業化が進んだ頃だったという。現在も営業しており、今年7月に建造物11件が国登録有形文化財として、国の文化審議会から文部科学相に答申されたことを機に、同館が企画した。

三木の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ