三木

  • 印刷
西山 利幸さん
拡大
西山 利幸さん
橘 俊昭さん
拡大
橘 俊昭さん
藤井 龍乘さん
拡大
藤井 龍乘さん
桑野 浩一さん
拡大
桑野 浩一さん

 秋の叙勲が3日付で発表され、兵庫県三木、小野市からは4人が選ばれた。学校や議会といった幅広い分野で功績を残した受章者に、これまでの軌跡や、貫いてきた信念を尋ねた。

旭日双光章(元三木市議会議員)西山 利幸さん(70)三木市 住民の声を行政に

 1965年に自ら開いた西山牧場を営み、農業の活性化を掲げて91年、吉川町議選に初当選した。三木市議を含めて約20年務め「一人一人の声を確実に行政へ届けようと努めてきた」。

 牧場では毎日、妻と朝夕の搾乳などをしながら議員活動に奔走。旧吉川町で意見が分かれる中、2005年に三木市との合併に尽くした。

 受章には「私で良かったのか」と手放しでは喜んでいない。耕作放棄地や害獣の増加に触れ「合併時以上の弾みがついていない」と今も地域を案じている。(井川朋宏)

瑞宝双光章(元特定郵便局長)橘 俊昭さん(71)小野市 故郷で郵便を担う

 甲南大を卒業して神戸の郵便局に勤めていた頃、貯金証書をきれいに書きたいと書道を始め、現在は師範の資格を持つ。「心を込めて書く。お客さんを大事にしたかった」と話す。

 神戸と三木で14年ほど勤めた後、小野市の特定郵便局長の職を父から引き継いだ。2013年に退職するまで約30年間、生まれ故郷の郵便業務を担った。

 「地域に育ててもらった」との思いから、自治会長などの世話役を積極的に引き受けた。「とにかく真面目にやっていこう、と。今回はそれが認められたようでうれしい」(笠原次郎)

瑞宝双光章(元公立小学校長)藤井 龍乘さん(74)小野市 児童のやる気刺激

 大学時代に京都で児童に人形劇を披露したのがきっかけで小学校教諭を志した。「目がきれいで純粋な子どもたち」に魅了され38年。「先輩や同僚にも恵まれ幸せだった」と振り返る。教諭時代を通じて、「生かされている命に気付くことが大事」と児童に訴えた。校長時代には朝に計算の時間を設け、子どもたちに「分かる」喜びを体感させ、やる気を刺激した。

 32歳のとき、浄土真宗の寺を父から継ぎ、教諭との二足のわらじを履いてきた。今後は住職として「人とのつながりの大切さ」を説いていく。(笠原次郎)

瑞宝単光章(神戸工業試験場副参事)桑野 浩一さん(60)小野市 部品検査一筋40年

 飛行機や車などの各種部品の強度検査を専門とする会社、神戸工業試験場(本店・神戸市)で約40年、検査業務に携わってきた。「安全性は全て数値で証明してきた」と胸を張る。

 小野工業高校金属科を卒業後に入社。播磨事業所(播磨町)で長年、船などの部品の強度や、材質が基準に合っているかを検査してきた。約30年前からは、同試験場で行われる技能検定の試験官を務めてきた。

 節目の60歳を過ぎたが「仕事はできるだけ長く続け、後進の指導にも励みたい」と意欲的だ。

(笠原次郎)

三木の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ