三木

  • 印刷
昭和レトロな空間が広がる雑貨店=三木市緑が丘町中2
拡大
昭和レトロな空間が広がる雑貨店=三木市緑が丘町中2

 インターネットでレトロ雑貨を販売している稲岡奈津子さん(53)=兵庫県三木市=が10月から、空き家を活用して店舗営業を始めた。住所地が三木市緑が丘町中2丁目であるのにちなみ「ナカニ雑貨店」と命名。民家の1階部分に、食器や人形などが所狭しと並ぶ。(大橋凜太郎)

 大学で考古学を専攻するなど「古い物が大好き」という稲岡さん。骨とう市を巡ったり人から譲り受けたりするうちに、雑貨を保管しきれなくなったため、約10年前から倉庫を借りてネット販売を始めた。昨年夏に知人の紹介で緑が丘町に移転。空き家の持ち主に「倉庫にするだけではもったいない」と店舗開設を勧められ準備を進めてきた。

 雑貨店を埋め尽くすのは、ビートルズのレコードや陶器の水筒、足踏み式ミシン…。顕微鏡や上皿てんびんなど学校の理科室で見られるような品も紛れ、台座が木製の扇風機やダイヤル式の電話機もある。

 訪れた顧客の中には「断捨離」の流行に乗って食器を捨てたことを後悔し、類似品を求めてやってきた人もいるという。稲岡さんは「物と一緒に大切な思い出まで捨ててしまったのでは。捨てずにまずは持ってきて」と呼び掛ける。

 目指すのは、多世代が集まる場だ。「若い人には珍しく、昔の人には懐かしい。お年寄りが若い世代に知恵を授けるような空間にしたい」と願う。

 開店は月、水曜の午前10時~午後3時ごろ。

三木の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ