三木

  • 印刷
逆さの体勢ながら、難なく綱を渡っていく男児=三木山総合公園
拡大
逆さの体勢ながら、難なく綱を渡っていく男児=三木山総合公園
地震を体験できる車で、大きな揺れに耐える子どもたち=三木山総合公園
拡大
地震を体験できる車で、大きな揺れに耐える子どもたち=三木山総合公園

 三木防火協会と兵庫県三木市消防本部主催の防災フェスティバルが29日、同市福井の三木山総合公園野球場であった。市総合防災訓練と併せて2年ぶりに開き、親子連れら約2200人でにぎわった。

 南海トラフ巨大地震を想定し、最大震度7を体験できる車には、子どもらが乗り込み、床にしがみついて激しい揺れに耐えていた。消防隊員のように、命綱を付けてロープを渡るコーナーでは、子どもたちは軽快な身のこなしで難なく前進していった。

 防災関連のクイズでは、エレベーターの利用時に地震が起きたら全ての階のボタンを押すことや、緊急度では避難指示が避難勧告より上回っていることなど、大切な知識について出題され、成績の良かった約20人には、防災に関する絵本が贈られた。

 ほかにも水の消火器で的を狙う体験や、土石流を再現した模型の見学、ドローンを使った上空からの撮影や操縦体験もあった。

 三木東高校(三木市別所町小林)の3年生14人は、授業の一環で運営に参加。生徒(17)=小野市=は「もし災害が起きたときに役立ついい催しだと思う」と話していた。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ