三木

  • 印刷
屋内で飲食を楽しむ親子連れら=かじやの里メッセみき
拡大
屋内で飲食を楽しむ親子連れら=かじやの里メッセみき
「玄武岩の玄さん」を模した巨大遊具=かじやの里メッセみき
拡大
「玄武岩の玄さん」を模した巨大遊具=かじやの里メッセみき
目の前で焼き上がるアマゴ=かじやの里メッセみき
拡大
目の前で焼き上がるアマゴ=かじやの里メッセみき
県内旧五国の食がそろう会場=かじやの里メッセみき
拡大
県内旧五国の食がそろう会場=かじやの里メッセみき

 兵庫県内旧五国のグルメを楽しめる「兵庫五国祭」が14日、同県三木市福井のかじやの里メッセみきで始まった。飲食を中心に過去最多の72ブースが並び、多彩なステージイベントもあった会場は、親子連れらでにぎわった。15日まで。

 同施設に隣接する道の駅みきなどでつくる実行委員会が主催し、6回目。旅行券などが当たる、初企画のくじの販売は、開始直後から長蛇の列ができ、1時間ほどで約400枚が完売する盛況ぶり。1枚100円で15日も販売する。

 飲食ブースには、播州ラーメン(播磨)▽イカナゴのくぎ煮(淡路)▽神戸イチゴチーズケーキ(摂津)▽栗入りもなか(丹波)▽香住ガニ(但馬)-といった各地の逸品がそろい、肉や魚が焼き上がる香りと、威勢のいいの掛け声が食欲をそそった。三田牛や淡路牛の料理を味わった西脇市立重春小学校1年の男児は「イカもおいしいよ」と話し、夢中で焼きイカを食べていた。

 同県豊岡市のキャラクター「玄武岩の玄さん」を模した巨大遊具も登場し、子どもたちが跳ねてはしゃいだ。特設ステージでは音楽や演劇が披露されたほか、関西国際大の学生が企画したブースでは、防災グッズの紹介や、クイズがあった。

 午前10時~午後4時。入場無料。実行委員会TEL079・230・5860

(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ