三木

自然美の魅力、心和む絵画に サークルが作品展

2019/08/29 05:30

 絵画サークル「アトリエセブン」が、兵庫県小野市王子町のコミセンおので、作品展を開いている。海や山、花などの美を表現した油彩とアクリル画17点を出品している。

 1971年に有志7人で発足したのが名前の由来。現在は小野、三木、加東市などの13人が同施設で週1回、加西市美術協会前会長で具象絵画団体「示現会」兵庫支部代表の高見雅博さん(67)=加西市=から指導を受けている。

 展示作品は、50号や100号の大作が多い。池の中で羽ばたくコウノトリの油彩画や、かやぶき民家が立ち並ぶ田舎の景色など心和む作品も。代表の横山裕美さん(66)=三木市=は「豊かな自然の風景を見て癒やしを感じてもらえればうれしい」と話している。

 9月21日まで。メンバーを募集している。コミセンおのTEL0794・63・1020

(笠原次郎)

続きを見る

あわせて読みたい

三木

もっと見る 三木 一覧へ

特集