三木

  • 印刷
市民らが詰め掛けたスタンド=いずれも三木山総合公園野球場
拡大
市民らが詰め掛けたスタンド=いずれも三木山総合公園野球場
先発した明治大の森下暢仁投手
拡大
先発した明治大の森下暢仁投手

 関西国際大(兵庫県三木市志染町青山1)の硬式野球部が16日、三木山総合公園野球場(同市福井)で明治大(東京)とのオープン戦に臨んだ。明治大は大学ナンバーワン右腕の呼び声が高い森下暢仁選投手が先発し、5回1失点と好投。6-2で関西国際大を下した。

 同大は昨年の明治神宮大会で4強入りを果たし、明治大は今季、全日本大学選手権で日本一に輝いた。強豪同士の熱戦を一目見ようと市民や大学OBらが詰め掛け、試合の行方を見守った。

 関西国際大は二回裏、エラーの隙を突いて先制したが、直後に満塁本塁打を浴びて逆転を許した。八回裏には無死満塁の好機を演出したが、得点できなかった。

 平野晴也主将(21)は「チャンスをものにできるかどうかが課題。自分たちの力がまだまだ足りないことを実感した」と硬い表情で試合を振り返った。ただ、「相手のミスとはいえ、森下投手から得点できたことは自信になる」と前を向いた。

 東京六大学の試合を見たいがために明治大に進んだというOBの男性(71)=三木市=は「今でも年に3回くらいは東京まで母校の試合を見に行く。オープン戦とはいえ、三木で見られるのはありがたい」とにこやかに話していた。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ