三木

  • 印刷
軽快な動きで観客を引き付けたステージ=三木市文化会館
拡大
軽快な動きで観客を引き付けたステージ=三木市文化会館
10周年記念ゲストの風かおるさん=三木市文化会館
拡大
10周年記念ゲストの風かおるさん=三木市文化会館

 ドラマ仕立てで舞台を繰り広げるシャンソンコンサート「第10回三木パリ祭」(神戸新聞社後援)が6日、兵庫県三木市福井の市文化会館で開かれた。訪れた約500人が、往年の名曲を楽しんだ。(大橋凜太郎)

 愛好家らでつくる実行委員会が2010年から毎年、フランス革命記念日の7月14日前後に開く。今回、物語の舞台は世界の楽譜を扱う店「舶来音楽堂」。店長やスタッフに扮した出演者による軽妙な掛け合いが笑いを誘った。

 伸びやかな歌声が響く中、パリの名所などが大型スクリーンに映し出されると、会場は旅気分に包まれた。70年代洋楽のほか、戦争の悲しい記憶を伝える反戦歌も披露された。

 終盤には、10回目の特別ゲストとして、元宝塚歌劇団員でシャンソン歌手の風かおるさんが純白の衣装で登場。「パリ・パナム」などをリズム良く歌い上げ聴衆を魅了した。

 3時間に及ぶコンサートは、出演者約20人が「パリ祭」を歌って終幕。演奏に聞き入っていた明石市の女性(63)は「梅雨空を吹き飛ばすようなとってもいい歌声だった」と話していた。

 節目のコンサートを終え、実行委員長の播摩栄一さん(75)は「『ワンステップ上のものを』という思いを毎年積み重ねてきた。今年も1年前から準備してきたが、最後の拍手で報われた」と晴れやかだった。

三木の最新
もっと見る

天気(8月26日)

  • 31℃
  • 24℃
  • 10%

  • 30℃
  • 21℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 0%

  • 33℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ