三木

  • 印刷
山田錦の米粉を練り込んだクロワッサントースト=三木市芝町、ピストリーナマツヤマ
拡大
山田錦の米粉を練り込んだクロワッサントースト=三木市芝町、ピストリーナマツヤマ

 兵庫県三木市芝町の松山製パンが、酒米山田錦の米粉を生地に練り込んだ「クロワッサントースト」を開発し、併設の店舗「ピストリーナマツヤマ」で販売を始めた。くどさのない甘みや豊かな香りが特徴で、発売から1週間ほどで一躍人気商品になっている。

 地元産の食材を使ったパンを開発する同社は、同市の特産山田錦が入ったパンをこれまでに6種類作ってきた。2017年以来となる新作は、松山敏郎社長(50)がイタリア料理から着想して生まれた。

 以前から同社は、黒豆やチョコレートなどを山田錦と組み合わせてきた。昨年、神戸市内のイタリア料理店を訪れた松山社長は、シンプルだが、オリーブオイルを付けなくてもおいしいパンと出合った。新たにひらめいた組み合わせは、通常のバターより香り豊かな「発酵バター」だった。

 4月上旬から試作を重ねた。発酵バターの強い風味を全体に行き渡らせ、飽きの来ない食感にするため、生地を編み込んだ。山田錦によるもっちりとした食感に加え、オーブンで焼けばサクッとした歯触りも楽しめる一品に仕上がった。

 松山社長は「いい材料を使わないといいパンは作れない。市外の人にも広く食べてもらいたい」と話していた。1本420円。松山製パンTEL0794・82・0757

(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ