三木

  • 印刷
詐欺被害を防ぎ、三木署の大木盛生署長(手前)から感謝状を受け取った前田隆さん=同署
拡大
詐欺被害を防ぎ、三木署の大木盛生署長(手前)から感謝状を受け取った前田隆さん=同署

 コンビニで架空請求詐欺の被害を未然に防いだとして、兵庫県警三木署は20日、三木市志染町広野5、ファミリーマート三木広野店店長の前田隆さん(43)=加古川市=に署長感謝状を贈った。

 4月24日午後、同店で大阪府の男性会社員(72)が電子マネー43万2千円分を購入しようとしたため、前田さんが不審に思って同署に通報した。同署の調べで、インターネットサイト登録のキャンセル料名目の架空請求であると発覚した。

 同店では普段から、1万円以上の電子マネー購入客に店員が声を掛けていた。当時も前田さんが粘り強く男性に聞き取りをした結果、サイトからつながった電話で、男に購入を指示されていたことが分かった。

 前田さんは「(来店客が)無駄なお金を使わずに済んで良かった。今後もおかしいと感じたら行動していきたい」と語った。

 同署管内の特殊詐欺被害は今年1~4月、昨年同期から半減の3件となっている。4月中旬には、市内の女性が動画サイトの利用料名目で15万円をだまし取られる被害が発生した。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 10%

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 30℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ