三木

  • 印刷
催しをアピールする三木城下町まちづくり協議会の井上章二さん(左)と真野朱美さん=ナメラ商店街
拡大
催しをアピールする三木城下町まちづくり協議会の井上章二さん(左)と真野朱美さん=ナメラ商店街

 昭和の雰囲気が満喫できる催し「レトロヂ2019」(神戸新聞社後援)が19日午前10時~午後4時、兵庫県三木市本町2のナメラ商店街一帯で開かれる。ミゼットなどの旧車約20台が商店街を進むパレードや、飛び入り参加の「うた自慢大会」など多彩なイベントがある。

 三木城下町まちづくり協議会が2013年に始め、7回目。2カ所にステージを設け、商店街南西の「長治ステージ」では、午前10時20分からジャズバンドによる演奏がスタート。午後1時半からは昭和の歌謡曲など50曲から選んでアコーディオンの伴奏で歌う「うた自慢大会」を開催する。

 北東の「照子ステージ」では、午前11時のノコギリ音楽の演奏を皮切りに、懐かしのアニメソングやヒーローショーなどがある。昼ごろには果物店前でバナナのたたき売りも行われる。

 旧車パレードは午後3時40分から。会場には飲食のほか、同協議会メンバーが子どもにコマ回しやけん玉を教える昔遊びのブースも並ぶ。

 同協議会イベント交流部会長の井上章二さん(64)は「レトロと路地裏を重ねてレトロヂ。昭和の残り香が漂う商店街を歩き、積み重ねてきた歴史を感じてほしい」と話していた。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ