三木

  • 印刷
宵宮を迎え、屋台2台が練り合わせを披露した=三木市加佐
拡大
宵宮を迎え、屋台2台が練り合わせを披露した=三木市加佐

 兵庫県三木市加佐の三坂神社で2日、五穀豊穣を願う春祭りが始まった。この日、宵宮を迎え、令和の訪れを祝う飾りを付けた加佐東と加佐西の屋台が地区内を巡行し、太鼓の音と威勢のいい掛け声を響かせた。

 午後3時ごろに三木コミュニティスポーツセンター(三木市加佐)前に到着した屋台2台が、練り合わせを披露。隣接するデイサービスセンター三木北の利用者も祭りを見学し、目の前で屋台を差し上げる氏子らに拍手を送っていた。

 加佐西奉賛会会長の戸田仁さん(66)は「元号が変わったからか去年とは気合の入り方が違う。天気もよくお酒がおいしいね」と赤みの差した顔で話した。

 加佐東屋台運営委員長の小谷昭さん(65)は「昔は年寄りが多い祭りだったけれど、最近は若い子がたくさん参加してくれてうれしい」と話していた。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ