三木

  • 印刷
「愛」を誓う役者の●井佑美さん(左)=三木市の大宮八幡宮、●は「高」の異体字、はしご「高」、新時代へ「粘」の意識を持つ三木東中の谷口心音さん(右)=三木総合防災公園陸上競技場
拡大
「愛」を誓う役者の●井佑美さん(左)=三木市の大宮八幡宮、●は「高」の異体字、はしご「高」、新時代へ「粘」の意識を持つ三木東中の谷口心音さん(右)=三木総合防災公園陸上競技場
「魅」を掲げる吉川高校書道部2年岩波楓華さん(左)=三木市吉川町の吉川高校、関西国際大硬式野球部の武次春哉投手(右)=三木市志染町青山7の関西国際大第2グラウンド
拡大
「魅」を掲げる吉川高校書道部2年岩波楓華さん(左)=三木市吉川町の吉川高校、関西国際大硬式野球部の武次春哉投手(右)=三木市志染町青山7の関西国際大第2グラウンド
「柔」の心を大切にする歌手の上北夏味さん(左)=三木市役所、「金」を選んだNPO法人ディス・イズ・ミキ理事長の森田優さん(右)=三木市役所
拡大
「柔」の心を大切にする歌手の上北夏味さん(左)=三木市役所、「金」を選んだNPO法人ディス・イズ・ミキ理事長の森田優さん(右)=三木市役所

 元号が平成から令和へと変わる1日。新時代を迎えるに当たり、若者から現役世代まで、三木市ゆかりの人に決意を尋ねた。令和に誓う思いを、漢字1文字で表すと-。(井川朋宏、大橋凜太郎)

 神戸電鉄粟生線をテーマにした映画で主演する●井佑美さん(23)=三木市出身=は「愛」を選んだ。半年前に初舞台を踏んだばかりで、今後は未知の世界が待つ。「周りの支えに感謝し、愛を込めて活動していきたい。人の心に通じる作品を届けられたら」と誓った。

 全国を舞台に活躍し、将来を担う中高生はしっかり先を見据える。三木小時代、陸上の全国大会女子100メートルで2年連続入賞を果たした谷口心音さん(13)=三木東中1年=は「粘」を示した。「これから結果が出ない時も、納得のいく走りができるまで頑張りたい」と力強い。昨年度、全日本高校書道コンクール大賞に輝いた吉川高校書道部2年の岩波楓華さん(16)=同市=は「魅」とつづった。書に向き合って心を究め、10代にして達観している。「人は個性を否定して傷つけ合うことがある。互いを認め、魅力を引き出し合えるようになれば」

 プロ野球界を視野に入れるホープも。同市志染町青山1、関西国際大野球部の3年生エース武次春哉さん(20)=加古川市=は「輝」を挙げた。昨年の明治神宮大会で初の4強へ導き、次は日本一に向け「結果を残して輝けるように」との思いを込めた。幼い頃から憧れるプロを目指し勝負の年が続く。「自分のように体が小さい子どもたちにも、可能性を示せる選手になる」と心に決めている。

 現役世代も思いを新たにする。NPO法人ディス・イズ・ミキ理事長の森田優さん(45)=三木市=は、最近染めた金髪で「金」を掲げた。地元の活性化へ音楽や子育て支援など多彩な催しを展開。来年は東京五輪が控えるが、「みんなが金メダルをもらえるような、きらきら輝く社会に」と願う。

 同市吉川地域出身の歌手上北夏味さん(41)=神戸市中央区=は、柔らかいものは硬いものより耐えられる例え「柳に雪折れなし」から、「柔」を選んだ。女性アカペラグループ「宝船」のリーダーを務め、国際コンクール優勝も、活動休止も経験した。「時代が変わっても良いものを大事にして、新しいことにも柔軟に挑戦したい」とほほ笑んだ。

(注)●は「高」の異体字、はしご「高」

三木の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ