三木

  • 印刷
三木市議選の実施を伝える懸垂幕=三木市役所
拡大
三木市議選の実施を伝える懸垂幕=三木市役所

 統一地方選の後半戦となる兵庫県三木、小野市議選が14日に告示される。いずれも定数16で、三木は17人、小野は18人が立候補を予定しており、選挙戦になる見込み。期日前投票が15日から始まり、21日に投開票される。(井川朋宏、笠原次郎)

 立候補予定者の内訳は、三木が現職16人全員と新人1人で、女性は2人のみ。小野は現職13人、新人5人で、女性が7人を占める。

 選挙戦では人口減少社会への対応や子育て支援、学校教育、福祉施策のほか、神戸電鉄粟生線の活性化や、北播磨総合医療センター(小野市市場町)の発展などが、両市共通の課題として論戦になりそうだ。

 三木では市役所前に市議選の投開票日を伝える懸垂幕を掲げており、13日には市役所周辺と公民館、神戸電鉄の各駅に計約150本ののぼりを立て、投票を呼び掛ける。

 立候補の届け出はいずれも14日午前8時半から、三木は市役所5階大会議室、小野は市伝統産業会館2階第1・第2研修室で、同10時~午後5時は各市の市選管事務室で受け付ける。

 13日現在の選挙人名簿登録者数は、三木が6万5578人(男3万1373人、女3万4205人)。小野は3万9773人(男1万9176人、女2万597人)。

三木の最新
もっと見る

天気(5月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 90%

  • 28℃
  • ---℃
  • 90%

  • 28℃
  • ---℃
  • 90%

  • 25℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ