三木

  • 印刷
温かみのある作品が並ぶ展示会場=さんさんギャラリーオアシス
拡大
温かみのある作品が並ぶ展示会場=さんさんギャラリーオアシス

 兵庫県三木市緑が丘町中1、さんさんギャラリーオアシスで6日、絵手紙教室「春の根の会」の作品展が始まった。主宰する小野市の樋原聡子さん(58)と小野、加東市の受講生2人が、心を込めた絵はがきなど約150点を出品した。19日まで(10、17日休み)。

 デザイン関係の仕事の経験がある樋原さんは、通信教育で絵手紙を学び、2016年5月に自宅で教室を開講した。教室の作品展は2年ぶり2回目となる。

 ツクシに顔を描き「あったかくなったねえ/嬉しいねえ」と会話する絵や、メッセージ付きの自画像を並べて桜の木に見立てた作品がある。四季折々の花のそばで、「愛燦燦」など歌謡曲の歌詞をつづった言葉も目を引く。

 樋原さんは「絵のうまさよりも、送る相手のことを思って作ることで気持ちは伝わる」と語る。

 午前9時~午後5時(19日は同3時まで)。同ギャラリーTEL0794・87・2633

(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ