三木

  • 印刷
県内の野生動物について話す県森林動物研究センターの田口彰さん=三木山森林公園
県内の野生動物について話す県森林動物研究センターの田口彰さん=三木山森林公園

 兵庫県内の野生動物への理解を深める催し「野生動物についてよく知ろう」が23日、同県三木市福井の三木山森林公園で開かれた。県森林動物研究センター(同県丹波市)の田口彰さんと同県朝来市の猟師、吉井あゆみさんが講師を務め、動物の分布や人との関わりなどを話した。

 田口さんはシカ、イノシシ、クマ、サルの分布や生態のほか、農地のあぜが破壊されるといった最近の被害を紹介。県内の生息数が千頭程度とみられるクマとサルは「被害があるとはいえ、生物多様性の観点から守らないといけない部分もある」と話した。一方で数万から十万頭いるシカ、イノシシについては計画的な捕獲が欠かせないとした。

三木の最新
もっと見る

天気(8月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

お知らせ