神戸

  • 印刷
関西グリコの土持幹雄社長からマスクとビスコのセットを受け取る児童ら=竹の台児童館
拡大
関西グリコの土持幹雄社長からマスクとビスコのセットを受け取る児童ら=竹の台児童館

 江崎グリコの製造子会社「関西グリコ」は、同社の神戸ファクトリー(神戸市西区高塚台)で生産した子ども用の布製マスクと看板商品のビスコ1万6千セットを、同区の幼稚園や保育園、児童館など98カ所に贈った。

 同ファクトリーは約1100人が勤務し、ビスコやポッキーなどを製造。新型コロナウイルスの感染拡大後、工場内にミシンを導入し、マスクも生産しているという。

 贈呈式が28日、竹の台児童館(同区竹の台2)であり、土持幹雄社長は「皆さんの元気と笑顔を守るために作った。ぜひ使ってください」とあいさつ。

 120セットを受け取った同児童館の高畠知加子館長は「グリコは工場見学に行ったり、おやつに出したりと身近な存在。児童にも喜んでもらえる」と感謝の言葉を述べた。(伊田雄馬)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ