神戸

  • 印刷
TikTokのクリエイターらの動画が公開されている「#こうべ癒し学び隊」のページ
拡大
TikTokのクリエイターらの動画が公開されている「#こうべ癒し学び隊」のページ

 神戸市は20日、短編動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」の運営会社「バイトダンス」(東京都)と連携協定を結んだと発表した。事業の第1弾として同日、自宅で楽しめる動画の募集をスタート。今後は街の魅力発信にも活用していくという。

 同アプリは若者の人気が高く、市は以前から産業や文化、スポーツなどの分野や職員採用の広報における活用を模索していた。同社と協定を締結した自治体は横浜市、神奈川県に次いで3例目。

 第1弾では、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で在宅時間が増えた市民向けに、「癒やし」や「学び」をテーマとする動画を募集。ペットの愛らしい様子や料理のレシピ、子どもの遊びや運動のガイドなどを想定している。

 投稿には、ハッシュタグ「#こうべ癒し学び隊」を付け、6月19日までに応募する。最優秀賞(20人)や優秀賞(80人)には撮影用グッズなどが贈られる。

 「#こうべ癒し学び隊」のページでは、神戸ゆかりの有名クリエイター(動画投稿者)らの作品を公開。市民の応募作品も観賞できる。(初鹿野俊)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ