神戸

  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大により、兵庫県中学総合体育大会(中学総体)と、予選となる地区大会の中止が決まったことを受け、神戸市中学校体育連盟は20日、市中学校総合体育大会(市総体)の夏季全16競技を中止すると発表した。

 16競技は6月下旬~7月下旬に実施予定だった。県からは、6月中の公式戦の自粛要請も出ているため、5~6月に各区で予定していた区総体も中止。夏季に含まれない駅伝競技は11月の開催が予定されている。

 同連盟と市教育委員会は、通常の部活動の再開後、準備期間を設けた上で、市総体や区総体の代替試合を開催すべく協議、検討している。ただ、新型コロナの感染状況などから、生徒の安全が確保できないと判断した場合は代替試合も中止する可能性がある。

 同連盟と市教委事務局は「運動部に所属する3年生の多くにとって中学校最後の大会となる。厳しい状況だが、記念となる場をなんとか設定してあげたい」としている。(長谷部崇)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ