神戸

  • 印刷
「おしゃれな街、神戸でのライブが楽しみ」と話す六角精児さん=神戸新聞社(撮影・吉田敦史)
拡大
「おしゃれな街、神戸でのライブが楽しみ」と話す六角精児さん=神戸新聞社(撮影・吉田敦史)

 兵庫県高砂市出身の俳優六角精児さんが2月20、21日、自ら率いるバンドと共に神戸で公演する。近年、音楽活動を本格化させ、昨年12月に2枚目のアルバム「そのまま生きる」を発表。趣味の鉄道、旅、酒をモチーフに、軽快でゆったりしたリズムに乗せた曲を看板に、故郷の兵庫で歌声を披露する。

 映画「鑑識・米沢守の事件簿」で鑑識捜査員役、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年)で本多正信役を好演。脇役、泥くさい役を演じて俳優としての人生を充実させてきた。

 一方で、中学時代からギターに親しんでいた。大学を卒業し役者の世界へ入り、地方巡業を経験。そんな中、謝恩会などで演奏を始めたのがきっかけで1996年、後輩、役者仲間らと「六角精児バンド」を結成した。最初は趣味レベルだったが、2010年ごろからライブ活動が増え、14年に最初のアルバム「石ころ人生」を発売した。

 筋金入りの鉄道ファン。山陽電鉄など故郷のローカル線の話を始めると、止まらない。「電車に揺られて景色を眺めながらボーッとする時間は、遊園地のような空間」と熱弁。旅の合間に浮かんだ詞にメロディーを付けて創作。鉄道に加え、旅に付きものの酒に絡む作品を作ってきた。

 神戸は子どもの頃からよく歩いた。「海岸沿いのおしゃれなところと、新開地など下町の良さを持ち、東京にはない文化的な街だと思う」。ライブを開くチキンジョージ(神戸市中央区)はその代表と話し、「阪神・淡路大震災を乗り越えて神戸の音楽文化を守ってきた。そこで歌えるのはうれしい」と意欲を見せる。

 六角精児バンドの神戸ツアーは、20日午後6時から神戸市中央区の神戸メリケンパークオリエンタルホテル14階ビュー・バー(前売り5500円、ドリンク別途)、21日午後7時半からチキンジョージ(前売り4千円、ドリンク別途)。当日はいずれも500円増。チキンジョージTEL078・332・0146

(津谷治英)

神戸の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 80%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ